【ステラルーメン】メモがいる?いらない?ウォレットについて

はじめに

ステラルーメンを預入(入金)する際に、メモ(MEMO)の記入を求められることがあります。
そのメモは、どのような時に必要なのかこの記事でサンプルと一緒に解説していきます。

2種類のウォレットについて

以下のように、2種類のウォレットがあります。※1

メモ必要ウォレット

このタイプは、管理されている取引所などに多いウォレットです。例えるとアパートのように、アドレスは皆同じだけど、XLMメモを使って、○○号室のように振り分けています。
このタイプのウォレットは、必ず指定のメモを入力することが必要です。
もし、このメモを間違えてしまったり、何も入力していないと、正しくコインが受け取れなくなってしまいます。

メモ不要ウォレット

このタイプは、コールドWalletアプリなどに多いウォレットです。例えると1軒家のように、アドレスだけで判別することができるため、メモは不要になります。また、メモは空欄である必要があります。
基本的に、スペースなどの文字も含めることをしてはいけません。

注意
メモ不要ウォレットでは、1番最初に有効化が必要です。
有効化については、こちらの記事をご確認ください。
参考 【ステラルーメン】ウォレットの有効化についてDoshブログ

※1厳密には、Stellarネットワーク内では「2つのウォレット」と区別されていません。

どんなウォレットが該当するの?

この画像に載っていない取引所やウォレットの場合は、その表記に従ってください。

メモの記入について

メモが必要ウォレットの場合は、指示に従って書いてあるメモの記入をするが正しく、
メモが不要ウォレットの場合は、メモに何も書かないが正しい方法です。

注意
このXLMのメモは、銀行送金などのような「自分が分かりやすいように自由に入力する欄のメモ」という通常の意味のメモではありません!これは、送金先を示す重要なものですので、無理な文字列を(スペースなども)含めることはやめましょう。

まとめ

ステラルーメンにはメモが必要なウォレットと不要なウォレットの2種類があることが分かりました。
そして、そのメモに記入する内容はそれぞれ正しく行うことが重要です。

重要
取引所でも注意がされているように、このメモを間違えてしまうと、正しく入金がされなくなってしまいます。合っているかどうか、自分自身で必ず確認をすることが大切です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。